大阪大学 大学院等高度副プログラム 高度溶接技術者プログラム 本文へジャンプ
学外へのリンク
国際溶接学会(IIW)
溶接学会
日本溶接協会

大阪大学 大学院等高度副プログラム

高度溶接技術者プログラム
 溶接技術は、素材から製品の組み立てに至るものづくり基盤技術の中核として、あらゆる製造分野で活用されています。溶接の原理は、アークやレーザなどの熱源によって、材料局部を溶かしてつなぐことですが、急速な加熱・冷却は溶接部分の強度や耐食性などを劣化させ、同時に変形や残留応力発生の原因にもなります。
 したがって、製品品質や安全性を確保するためには、溶接の前後工程の適切な処理や品質検査を実施する必要があります。溶接技術は未だ完成された技術ではなく、製品に応じた適正な溶接継手をつくるためには、溶接施工に関わる技術者の知識・経験が不可欠であることが、国際標準ISO14731「溶接技術者の任務と責務」にも明記されています。
 本プログラムでは、ものづくり分野で必要とされている高度溶接技術者の育成に向けて、溶接プロセス・機器、材料・溶接性、溶接構造物の力学、溶接施工管理に関する知識を修得できるよう体系化しています。

実施組織


工学研究科

受講対象者
修士 及び 博士
修了要件
本プログラムの科目から10単位以上。ただし、
 溶接プロセス学特論
 ジョイニングプロセス特論II
 構造化設計学
 溶接施工管理論I
の4科目8単位は必修。
本プログラムの修了に必要な単位(必修の4科目8単位を含めて10単位以上)と各自の所属研究科の専攻の修了に必要な単位との重複は認められます。ただし、所属する専攻の修了に必要な最低修得単位数以外に最低4単位は、本プログラムの単位として修得する必要があります。

特記事項
本プログラムを修了したのち、製造業に就職し、溶接・生産関連技術者としての経験を4年以上つむとともに、より実際的な知識の修得に努めると、国際溶接学会(IIW)から発行され、世界に通用する国際溶接技術者(International Welding Engineer)IWEディプロマ資格の取得につながります。

授業のなかで一部、実習・演習を学外で行う場合があります。その際には、学生教育研究災害傷害保険に加入していることが求められます。(大阪大学学生は全員加入することになっています。)

お知らせ

工学研究科マテリアル生産科学専攻新入院生ガイダンス
4月5日(金)9:30〜の工学研究科マテリアル生産科学専攻新入院生ガイダンス(R1-311室)で、本プログラムの紹介・説明を行います。

副専攻プログラム・高度副プログラムガイダンス2019 を開催
4月9日(火)11:30-13:30 吹田キャンパス テクノアライアンス棟アライアンスホール において、副専攻プログラム・高度副プログラム合同ガイダンス2019を開催いたします。詳しくは、大阪大学 全学教育推進機構ホームページをご覧下さい。

プログラム実施責任者 浅井 知 教授よりの紹介メッセージ
この副プログラムの実施責任者の工学研究科マテリアル生産科学専攻 浅井 知 教授の紹介メッセージが大阪大学 全学教育推進機構 のホームページに掲載されていますのでご覧下さい。