トップページ > 才田研究室

複合化プロセス工学領域才田研究室

教授 才田 一幸
助教 山下 正太郎

溶接・接合材料科学研究の高度化・先進化として、(1)統合的可視化理解や原子論的アプローチを指向したマルチスケール連成材料挙動の解明、(2)新材料・新プロセス対応の材料科学研究を指向した界面接合研究の新規展開、(3)材料と力学・プロセスとの接点を生じる溶接・接合現象の理解と予測を目指した材料・力学・プロセスの連携研究の推進を行っています。 これにより、材料挙動の高度予測、プロセス最適化、メカニズム探求、健全性・信頼性検証を実現し、”プロセシングメタラジー”の体系化を図ることが目標です。




ページトップへ戻る
Design by Megapx Template by s-hoshino.com Copyright(C)大阪大学大学院工学研究科 マテリアル生産科学専攻 生産科学コースAll Rights Reserved.