大阪大学大学院 工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻

倉敷研究室


当研究室では、熱意のある学生を募集しています。

配属を希望される方は、以下を参考にしてください。

●研究室紹介

研究室の写真 パソコンの写真 パソコンの写真

隣の先輩・同期と気軽にディスカッションしながら、研究の遂行や講義のレポート作成を行えます。

大型の計算などは研究室のコンピュータを使って行うことが可能です。

X線CT装置や引張・疲労試験機,電子顕微鏡などの実験設備を備えています。

●Q&Aコーナー

Q.1 A.1

どのような研究を行っているのですか?

複合材料・シミュレーション・信頼性評価を主な研究内容として、
実験やプログラミング(数値解析)に取り組んでいます。詳しくは、「研究」のページをご覧頂くか、直接研究室へお越し下さい。

Q.2 A.2

研究室は忙しいって本当ですか?

学ぶには時間を要するということです。
努力して習得したことほど自分のモノになるはずです。

Q.3 A.3

研究室に入るためにプログラミング能力が必要ですか?

4回生で配属された学生には、先輩が先生となって行う
プログラミングゼミを約1ヶ月半、受講してもらいます。
配属の段階でどれだけできるかは問題ではありません。

Q.4 A.4

土曜日も大学に来るというのは本当ですか?

研究会を全員参加としており,授業やその他の行事の関係から基本的に土曜日に研究会を行っています。せっかく土曜日に集まるのですから,普段の講義では学べないことや幅広く自分の研究以外の知識を修得し,グループでのディスカッション能力を養うことを図っています。

Q.5 A.5

研究は一人で進めるのですか?

グループでプロジェクトを進める場合もありますが、
論文は当然一人で執筆します。
一生懸命頑張っている人の周りには,自ずと人の輪が出来てきます。

Q.6 A.6

コアタイムはありますか?

基本的にありませんが、研究会等には参加してもらいます。
また、企業との打合せや研究のミーティング等は不定期に開催されるので、周囲との連携・日程調整が大切です。
お互いに助け合って、研究活動を進めていくことが重要です。

Q.7 A.7

アルバイトを続けられますか?

研究活動に支障がでないよう,1日24時間を上手に使って研究と両立するのは,本人の努力次第です。

Q.8 A.8

学生の学会発表はされていますか?

多くの学生が学会で発表し,新たな知見を得て自分の研究をさらに進めています。国内・海外を問わず学会発表することを大いに奨励しています。研究活動を通じてしっかりと自分の腕に技術を身に付けて,社会に羽ばたくのをお勧めします。

Q.9 A.9

語学に興味があります。研究室で何か特別なことをされていますか?

ベルギーのカトリックルーベン大学や,米国のカリフォルニア大学等と共同研究を実施していますので,海外の先生方と接する機会もあります。また,研究室には留学生の方もいらっしゃいますので,気軽に話をし,「研究室内留学」を楽しんで下さい。

Q.10 A.10

研究室では,スポーツとかされているのですか?

サッカー等のスポーツを行っています。当研究室は文武両道がモットーです。

Q.11 A.11

生産科学コースとビジネスエンジニアリング(BE)専攻の両方の研究室なのですか?

マテリアル生産科学専攻では,生産科学コースの信頼性評価学領域を担当しています。したがって,生産科学コースの学部4回生が所属しています。 BE専攻は大学院からの専攻ですので,BE専攻の修士学生が研究室に所属しています。 BE専攻では,テクノロジーデザイン講座を担当しています。

Q.12 A.12

どのようにすれば研究室に入れるのですか?

学部4回生での配属は,応用理工学科 生産科学コースの学生のみに限られています。 大学院からの配属は,所定の大学院入試を受験し合格した後に,研究室配属の希望を出して入ることができます(人数制限あり)。

Q.13 A.13

学部4回生で研究室に入るとBE専攻卒業になるのですか?

学部4回生は応用理工学科(生産科学コース)卒業となります。 BE専攻は大学院からの専攻ですので,修士・博士はBE専攻修了となります.

Q.14 A.14

OB・OGの就職先について,教えて下さい。

エレクトロニクスから重工・機械,材料メーカー,車両など,多岐の分野に亘っています。

Q.15 A.15

どういう学生を求めているのですか?

プログラミング能力や体力よりも,「やる気」のある学生を求めます。研究活動に熱中したい人,大歓迎です。

Q.16 A.16

研究室に入ると阪神ファンになるというのは本当ですか?

ウソです。中日ファンも,ソフトバンクファンもいます。安心して下さい。