HIROSE lab._Event

What's new

2022-4.1
■4月1日に神原淳教授が着任され,神原研究室が新たにスタートしました.
2022-3-18
■廣瀬明夫教授最終講義を行いました。
オンラインでは表示映像のトラブルなどございましたが、無事に終える事ができました。
皆様、ご出席いただき誠にありがとうございました。



2022-3-12
■廣瀬明夫教授最終講義のご案内
令和4年3月をもちまして大阪大学を定年退職される廣瀬明夫先生の最終講義を開催致します。

日時:2022年3月18日(金) 15:00-16:30
題目:研究の道程 -溶接、接合、そして-
方式:現地(岡田メモリアルホール)とオンラインのハイブリッド(登録制)
*ただし、誠に申し訳ありませんが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、学外の方はオンラインでのご視聴のみとさせて頂きます。

登録等の詳細につきましては、以下のリンク先よりご確認下さいますようお願い申し上げます。
 ・同窓生はこちら
 ・マテリアル生産科学専攻教職員ならびに協力講座教職員はこちら
2016-7-30
(固定)
■廣瀬明夫先生還暦祝賀会を行いました。

↑クリックで拡大(9MB)

祝賀会の様子
2021-11.5
■接合活性化処理を行った6000系アルミニウム合金と炭素繊維強化樹脂の接合中その場接着現象を用いた異材摩擦攪拌点接合に関する論文がMaterials & Design誌に受理されました.
Friction stir spot welding of aluminum and carbon fiber reinforced thermoplastic using hybrid surface treatment improving interfacial properties
Eri Ota, Tomoki Matsuda, Hiroto Shoji, Tomo Ogura, Fumikazu Miyasaka, Tomokazu Sano, Mitsuru Ohata, Akio Hirose
Materials & Designこちらから閲覧
2021-10.6
■Scrubbing 複動式FSSWによる亜鉛めっき鋼と6000系アルミニウム合金の接合に関する論文が溶接学会論文集誌に受理されました.
"複動式摩擦攪拌点接合を用いたアルミニウム合金/亜鉛めっき鋼の新規接合法の開発
武岡正樹,深山拓真,松田朋己,小椋智,大橋良司,廣瀬明夫
溶接学会論文集
2021-10
■吹田祭に全力です.
2021-9.30
■N2-H2雰囲気下昇温XRDを用いた表面酸化サブミクロン銅粒子の還元挙動評価に関する論文がJournal of Electronic Materials誌に受理されました.
Reduction behavior of surface oxide on submicron copper particles for pressureless sintering under reducing atmosphere
Tomoki Matsuda, Daiki Yamagiwa, Hideki Furusawa, Kenji Sato, Hisashi Yashiro, Keigo Nagao, Jungeun Kim, Tomokazu Sano, Yoshihiro Kashiba, Akio Hirose
Journal of Electronic Materials  →こちらから閲覧
2021-9.21-28
■溶接学会2021年度秋季全国大会に参加し研究発表を行いました。
「機械的特性と界面反応層の基礎検討 複動式摩擦攪拌点接合を用いた新規異種金属接合法の開発 第一報」
武岡正樹,土田泰輔,松田朋己,小椋智,廣瀬明夫,大橋良司

「アルミニウム合金/非めっき超高張力鋼の接合 複動式摩擦攪拌点接合を用いた新規異種金属接合法の開発 第二報」
土田泰輔,武岡正樹,松田朋己,小椋智,廣瀬明夫,大橋良司

「アルミニウム合金/亜鉛めっき鋼の接合 複動式摩擦攪拌点接合を用いた新規異種金属接合法の開発 第三報」
深山拓真,武岡正樹,松田朋己,小椋智,廣瀬明夫,大橋良司

「マイクロスケール引張試験によるGA980/A6061異材接合継手の界面特性評価」
林浩太郎,松田朋己,小椋智,廣瀬明夫

2021-8.26
■大学院入試日程が終了しました.B4の皆さんお疲れ様でした.
2021-6.15
■サブミクロン銅粒子を用いた無加圧焼結接合に関する論文がJournal of Materials Science: Materials in Electronics誌に受理されました.
"Pressureless sinter joining of bare Cu substrates under forming gas atmosphere by surface oxidized submicron Cu particles"
Daiki Yamagiwa, Tomoki Matsuda, Hideki Furusawa, Kenji Sato, Hiroaki Tatsumi, Tomokazu Sano, Yoshihiro Kashiba, Akio Hirose
Journal of Materials Science: Materials in Electronicsこちらから閲覧
2021-6.4
■シュウ酸銀分解時の銀生成反応を用いたSiおよびSiO2メタライズレス焼結接合プロセスに関する論文がMaterials Letters誌に受理されました.
"Metallization-free silver sinter bonding to silicon via in situ decomposition of silver oxalate"
Rei Kawabata, Tomoki Matsuda, Ryotaro Seo, Akio Hirose
Materials Letters  →こちらから閲覧
2021-5.15-16
■軽金属学会第140回春季大会に参加し研究発表を行いました.
太田さんが軽金属学会ならびに軽金属溶接協会から優秀ポスター賞を受賞しました.
「FSSWを用いた6061アルミニウム合金/CFRTP異材界面特性に及ぼす表面処理の影響 」
太田依里,松田朋己,小椋智,佐野智一.大畑充,廣瀬明夫
2021-5.9
■放射光CTとナノ力学試験を融合したAg-Cu複合焼結層の破壊評価に関する論文がMaterials & Design誌に受理されました.
"Fracture behavior of thermally aged Ag-Cu composite sinter joint through microscale tensile test coupled with nano X-ray computed tomography"
Tomoki Matsuda, Seigo Yamada, Akihisa Takeuchi, Kentaro Uesugi, Masahiro Yasutake, Tomokazu Sano, Mitsuru Ohata, Akio Hirose
Materials & Design  →こちらから閲覧
2021-4.15
■B4の上野君,大久保さん,佐藤君,田中君,中島君が配属されました.よろしくお願いします.
2021-4.14-19
■溶接学会2021年度春季全国大会に参加し研究発表を行いました。
「高張力鋼板摩擦攪拌接合継手のミクロ組織および機械的特性評価」
南耕太,松田朋己,小椋智,佐野智一,廣瀬明夫,岩田匠平,松下宗生,木谷靖,伊木聡

「Al合金/CFRP異材界面強度に及ぼす支配因子の検討」
太田依里, 松田朋己, 小椋智,廣瀬明夫

「マイクロメカニカル試験を用いた鋼 /アルミニウム合金異材接合部の界面強度評価」
松田朋己, 大垣俊哉也,小椋智,佐野智一, 大畑充,廣瀬明夫

「FSSWにより接合したAl合金とGA鋼板の反応相形態」(共著)
岩本知広,黒木颯仁,清水優歌,左近隆介,松田朋己, 小椋智,佐野智一, 廣瀬明夫
2021-4.8
■M1の碓井君,脊尾君,林君,深山君が配属されました.よろしくお願いします.
2021-3
■修士2年 大垣俊也君,川端玲君,木村真之介君,西端樹君,山際大貴君
学士4年 碓井脩斗君,黒岩慎太郎君,脊尾凌太朗君,林浩太郎君,深山拓真
が修了,卒業しました.皆さんおめでとうございます.
碓井脩斗君が工学賞,西端樹君,脊尾凌太朗君が溶接学会奨学賞を受賞しました.
2021-2.2-15
■mate2021に参加し研究発表を行いました。
「酸化銀分解反応に基づく金属-シリコン基板間の低温接合プロセスの開発」
川端玲, 松田朋己, 小椋智,佐野智一, 廣瀬明夫
「Ag/Cu複合焼結層に及ぼす熱時効の影響」
山田晴悟, 松田朋己, 小椋智,佐野智一, 廣瀬明夫
2020-9.17,18
■MES2020に参加し研究発表を行いました。
「酸化銀還元反応を用いた銀-シリコン基板接合プロセスの低温化」
川端玲, 松田朋己, 佐野智一, 廣瀬明夫
2020-9.9-11
■溶接学会2020年度秋季全国大会に参加し研究発表を行いました。
「高温放置試験におけるAg/Cu 複合層の焼結挙動に及ぼす金属基板の影響」
山田晴悟, 松田朋己, 小椋智,佐野智一, 廣瀬明夫

「アルミニウム合金/炭素繊維強化プラスチック異材摩擦撹拌点接合の接合性に及ぼすアルミニウム合金表面処理の影響」
太田依里, 松田朋己, 小椋智,佐野智一, 廣瀬明夫

「異材摩擦攪拌点接合における多段階負荷プロセスが継手特性に及ぼす影響」
大垣俊也, 松田朋己, 内川智仁,佐野智一, 大畑充,廣瀬明夫

「アルミニウム合金と合金化溶融亜鉛めっき鋼板の異材抵抗スポット溶接継手における強度支配因子の検討」
門馬慎, 松田朋己, 小椋智,佐野智一, 廣瀬明夫,伊與田宗慶

「溶融亜鉛めっき鋼/アルミニウム異材継手におけるマクロ・ミクロスケール破壊挙動評価」
松田朋己, 大和田貴理子,沼田朝陽,庄司博人,佐野智一, 大畑充,廣瀬明夫
2020-9.18
■2018年度修士卒業生の足立君が研究した,高周波線形摩擦接合によるSUS304/A5083異材接合界面形成に関する論文がMaterials Today Communications誌に受理されました.
"Formation of interfacial reaction layer for stainless steel/aluminum alloy dissimilar joint in linear friction welding"
Tomoki Matsuda, Hironobu Adachi, Ryo Yoshida, Tomokazu Sano, Hisashi Hori, Akio Hirose
Materials Today Communications
2020-8.14
■銀ナノ粒子を用いた無加圧焼結接合の熱的安定性に関する論文がJournal of Materials Science: Materials in Electronics誌に受理されました.
"Thermal stability and characteristic properties of pressureless sintered Ag layers formed with Ag nanoparticles for power device applications"
Tomofumi Watanabe, Masafumi Takesue, Tomoki Matsuda, Tomokazu Sano, Akio Hirose
Journal of Materials Science: Materials in Electronics
2020-8.6
■2018年度修士卒業生の伊波君が研究した酸化銀を用いたSiおよびSiCのめっきフリー銀ナノ焼結接合に関する論文がJournal of Materials Science: Materials in Electronics誌に受理されました.
"Lowering Bonding Temperature for Silver Sintering to Silicon and Silicon Carbide using Silver Oxide Decomposition"
Kota Inami, Tomoki Matsuda, Rei Kawabata, Tomokazu Sano, Akio Hirose
Journal of Materials Science: Materials in Electronics
2020-5.14
■2019年度修士卒業生の三宅君が執筆したCoCrW合金のレーザ積層造形に関する論文がWelding in the World誌に受理されました.
"Microstructure and Mechanical Properties of Additively Manufactured CoCrW Alloy using Laser Metal Deposition"
Masashi Miyake, Tomoki Matsuda, Tomokazu Sano, Akio Hirose, Yasutomo Shiomi, Mitsuo Sasaki
Welding in the Worldこちらから閲覧
2020-5.9
■異材接合部のマイクロスケール特性評価に関する論文がScripta Materialia誌に受理されました.
"Microscale tensile test of galvannealed steel/aluminum dissimilar joint for estimation of intrinsic interfacial strength"
Tomoki Matsuda, Tomokazu Sano, Masanao Munekane, Mitsuru Ohata, Akio Hirose
Scripta Materialia 186, 196-201 (2020). →こちらから閲覧
2020-5.1
■高強度鋼/6061アルミニウム合金-異種材料継手における継手強度に及ぼす界面構造および母材特性の影響に関する論文が受理され,オンライン掲載されました.
"Effect of mismatch in mechanical properties on interfacial strength of aluminum alloy/steel dissimilar joints"
Tomoki Matsuda, Ryoichi Hatano, Tomo Ogura, Reo Suzuki, Hiroto Shoji, Tomokazu Sano, Mitsuru Ohata, Akio Hirose
Materials Science and Engineering: A 786, 139437 (2020). →こちらから閲覧
2020-4.15
■B4の碓井君,黒岩君,脊尾君,林君,深山君が配属されました.よろしくお願いします.
2020-4.8
■M1の太田さん,土田君,南君,門馬君,山田君,吉田君が配属されました.よろしくお願いします.
2020-4.1
■佐野智一准教授が加工物理学領域の教授に昇進されました.<佐野研のホームページはこちら>
■小椋智准教授が廣瀬研に着任されました.
2020-3
■修士2年 浅山智也君,五十嵐友也君,内川智仁君,春日仁希君,三宅将史君
学士4年 太田依里さん,門馬慎君,南耕太君,山田晴悟君,吉田雅幸君
が修了,卒業しました.皆さんおめでとうございます.
三宅将史君,山田晴悟君が溶接学会奨学賞を受賞しました.
太田依里さん,吉田雅幸君が卒業研究優秀発表賞を受賞しました.

2020-2
■D3田中さんが執筆された銅の超音波接合による長期信頼性向上に関する論文が掲載されました.
"銅の超音波接合における初期および長期信頼性向上の検討"
田中 陽, 曽田 真之介, 伏見 孝仁, 松田 朋己, 佐野 智一, 廣瀬 明夫
エレクトロニクス実装学会誌 23, 166 (2020).
2020-1-28
~29
■Mate2020に参加し研究発表を行いました。
木村君と山際君がMate2020優秀発表賞を受賞しました。
「はんだバリア層の合金化および多層化による拡散抑制効果の向上 」
木村真之介, 松田朋己, 佐野智一, 廣瀬明夫
吉野数基, 黒田茂之, 上田佳功, 高野良比古(村田製作所株式会社)

「サブミクロン銅粒子を用いた無加圧接合における焼結プロセスの検討」
山際大貴, 松田朋己, 巽裕章, 佐野智一, 加柴良裕, 廣瀬明夫
古澤秀樹, 佐藤賢次(JX金属株式会社)
2020-1
■溶融亜鉛めっき鋼/アルミニウム摩擦攪拌点接合異材継手に対するミクロ・マクロスケール評価に関する論文が掲載されました.
これは大和田さん(2018年度修了)および沼田さん(2018年度修了(大畑研))の研究成果です.
"Influence of interfacial structure on the fracture behavior of friction stir spot welded dissimilar joints"
Tomoki Matsuda, Kiriko Owada, Asahi Numata, Hiroto Shoji, Tomokazu Sano, Mitsuru Ohata, Akio Hirose
Materials Science and Engineering: A 772, 1387443 (2019).
2019-9-17~19
■溶接学会2019年度秋季全国大会に参加し研究発表を行いました。
「GA鋼板とAl合金の抵抗スポット溶接における継手強度に及ぼす界面組織の影響」
浅山智也, 松田朋己, 佐野智一, 廣瀬明夫, 荘司博人, 大畑充
伊與田宗慶(大阪工業大学)

「酸化銅還元反応を利用した焼結接合法における酸化銅形態が接合性に及ぼす影響」
五十嵐友也, 松田朋己, 佐野智一, 廣瀬明夫

「亜鉛めっき鋼とアルミニウム合金の摩擦攪拌点接合継手における接合強度と界面微細構造の関係」
内川智仁, 松田朋己, 佐野智一, 廣瀬明夫, 荘司博人, 大畑充

「マルテンサイト系ステンレス鋼との傾斜Co-Cr-W系超硬合金のLMD積層造形」
三宅将史, 松田朋己, 佐野智一, 廣瀬明夫
塩見康友, 佐々木光夫, 岡田直忠(東芝株式会社)

「酸化銀還元反応を利用した金属-窒化ケイ素基板の接合」
川端玲, 松田朋己, 佐野智一, 廣瀬明夫

「はんだバリア層の合金化および多層化設計によるニッケルの拡散抑制」
木村真之介, 松田朋己, 佐野智一, 廣瀬明夫
吉野数基, 黒田茂之, 上田佳功, 高野良比古(村田製作所株式会社)

「サブミクロン銅粒子を用いた無加圧焼結接合」
山際大貴, 松田朋己, 巽裕章, 佐野智一, 加柴良裕, 廣瀬明夫
古澤秀樹, 佐藤賢次(JX金属株式会社)
2019-9-17~20
■M1 西端君がドイツで開催された2nd European Workshop on Laser Peening and Related Phenomenaに参加し、研究発表を行いました。
"Dry Laser Peening of Pure Iron using Femtosecond Laser Pulses",
Itsuki Nishibata, Tomoki Matsuda, Tomokazu Sano
Takahisa Shobu(Japan Atomic Energy Agency)
Ayumi Shiro(National Institute for Quantum and Radiological Science and Technology)
2019-9-2
■スウェーデンで開催されたEUROMAT2019に参加し研究発表を行いました。
"Influence of interfacial microstructure on the strength of resistance spot welded dissimilar joints between galvannealed steel and aluminum alloy"
Tomoya Asayama, Tomoki Matsuda, Tomokazu Sano, Akio Hirose

"Influence of microstructure on the fracture behavior of friction stir spot welded joint between aluminum alloy and galvanized steel"
Tomohito Uchikawa, Tomoki Matsuda, Tomkazu Sano, Akio Hirose

"Microstructure and Mechanical Properties of Laser-Additive-Manufactured Co-Cr-W Alloy and its gradient material with martensitic stainless steel alloy"
Masashi Miyake, Tomoki Matsuda, Tomokazu Sano, Akio Hirose (Osaka University)
Yasutomo Shiomi, Mitsuo Sasaki, Naotada Okada (Toshiba Corporation)
2019-9
■酸化銀還元反応を用いたSi系材料接合に関する論文が掲載されました。
これは伊波康太さん(2018年度修了)、本山啓太さん(2016年度修了)らの研究成果です.
"酸化銀分解反応を用いた銀-シリコン接合における界面形成過程"
松田朋己、伊波康太、本山啓太、佐野智一、廣瀬明夫
スマートプロセス学会誌 8, 177 (2019).
2019-8
■D2巽さんが執筆されたTLPS接合に関する論文が掲載されました.
"Deformation Behavior of Transient Liquid-Phase Sintered Cu-Solder-Resin Microstructure for Die-Attach"
Hiroaki Tatsumi, Hiroshi Yamaguchi, Tomoki Matsuda, Tomokazu Sano, Yoshihiro Kashiba, Akio Hirose
Applied Sciences 9, 3476 (2019).
2019-7
■アルミニウム/ステンレス鋼の高周波線形摩擦異材接合に関する論文が掲載されました.
これは足立さん(2018年度修了)の研究成果です.
"High-frequency linear friction welding of aluminum alloys to stainless steel"
Tomoki Matsuda, Hironobu Adachi, Tomokazu Sano, Ryo Yoshida, Hisashi Hori, Shozo Ono, Akio Hirose
Journal of Materials Processing Technology 269, 45 (2019).
2019-4
■2018年度修士卒業生の伏見君が執筆した超音波接合部の熱信頼性に関する論文が掲載されました.
"Thermal fatigue properties of ultrasonic bonded copper joints"
Takahito Fushimi, Yo Tanaka, Shinnosuke Soda, Tomoki Matsuda, Tomokazu Sano, Akio Hirose
Applied Sciences 9, 1556 (2019).
HIROSE lab._Event

ページのトップへ戻る